【MT5】億超えトレーダーが教える!移動平均線の表示方法・取引戦略

MT5

取引で使用される最も一般的で汎用性の高い指標の1つが指数移動平均線です。

トレンドの判断、動的なサポートとレジスタンスのエリア、エントリーとイグジットのシグナルの確認に使用することができます。

初心者に人気のあるストラテジーは、そのシンプルさから指数移動平均ストラテジーです。

取引を始めたいけど、どの戦略を使えばいいのか、どのように戦略を作って取引をすればいいのか分からないという方!

移動平均を使ったシンプルな戦略についてもっと知りたいと思いませんか?それなら、この記事はあなたのためのものです。

今回は、MT5で3本の指数移動平均線(EMA)を使った指数移動平均の取引戦略を作成する方法を紹介します。

トレンドと動的なサポートとレジスタンスエリアを識別するためにそれらを使用する方法を学びます。

さらに、この指数移動平均の戦略をアレンジし、他の指標と組み合わせることで、あなた独自の戦略にすることができます。

さっそくですが、はじめましょう。

【もうか~るFXのLINE公式アカウントに登録して有益情報をGet!】

もうか~るFXでは、LINE公式アカウントでプロによる日々の相場分析を無料で配信しています。

さらに、もうか~るFXが実際に利用している限定のインジケーターも無料プレゼント中です。

これらをうまく使えば、FXでさらなる利益を残せるようになること間違いありません

プロによる有益情報の配信は随時おこなっているので、ぜひ友達登録してみてくださいね。

友だち追加

1.指数移動平均とは何?単純移動平均との違い!

指数移動平均(EMA)は、取引プラットフォームで見られる最も基本的な指標の1つです。また、計算、説明、解釈が最も簡単な指標の1つです。

MT5に指数移動平均を追加すると、チャート上にインジケーターが表示されます。

指数移動平均は、価格データを平滑化し、トレンドを検出することができます。一定期間の平均価格を計算することで機能します。

例えば、過去20期間の終値を合計し、20で割ると単純平均値になります。

市場の動きが進むにつれて、新しい価格は計算に加えられ、古い価格は削除されます。これにより、価格と共に動く過去20期間の単純平均が得られます。

単純移動平均と指数移動平均の違いは、後者が最近のデータをより重視することです。そのため、現在起こっている価格に対してより敏感で適応性があります。

2.なぜ指数移動平均を使用するのか?

指数移動平均(EMA)は、過去「X」回の時間間隔の価格を加重平均したものです。

EMAは、単純移動平均(SMA)よりも最近の価格変動に大きく反応し、より重要視されます。

移動平均線は、価格データを平準化し、価格の傾向を把握するために使用されます。

また、動的な支持と抵抗の領域として機能し、トレーダーが取引のエントリーポイントとエグジットポイントを見つけるのに役立ちます。

トレーダーは、短期および長期の価格トレンドを識別するために、異なる時間間隔で、複数の移動平均を一緒に使用することができます。

次に、指数移動平均を見つけ、チャートに追加する方法を紹介します。

3.MT5で指数移動平均を表示する方法

指数移動平均をチャートに追加するには、MT5取引プラットフォームを開きます。

次に、画面上部の挿入メニューに移動し、指標タブにカーソルを合わせ、トレンドを選択し、移動平均を選びます。

移動平均インジケーターを構成できるように、いくつかのオプションを含むポップアップウィンドウが表示されます。

上から順に、この指数移動平均法の最適な選択肢となります。

期間:期間平均価格を計算する期間の数を選択します。例えば、20を選択して日足で表示した場合、平均価格は過去20日間にわたって計算されます。

メソッド:ここで、移動平均の計算方法を選択する必要があります。選択肢は、単純、指数、平滑化、線形加重です。様々なオプションを試すことができますが、この記事では指数移動平均をお勧めしています。

スタイル:移動平均の色、太さ、線種を変更するには、「スタイル」タブを使用します。特に、複数の移動平均を使用して、異なる時間間隔の平均価格を計算する場合に便利です。これが、この指数移動平均の取引戦略で行うことです。

それでは、今から始めましょう。

4.指数移動平均を使用した取引戦略

この指数移動平均の取引戦略の理論は単純です。

長期、中期、短期の価格トレンドを特定し、それらがすべて指し示している方向に従って取引を行うのです。

シンプルなエントリーシグナルとエグジットシグナルを持つトレンドフォロー戦略であり、トレードを実行することが可能です。

まず、好きな通貨ペアのチャートを3つ開きます(例:日足、4時間足、1時間足)。

3つの時間枠は好きなものを選んでください。しかし、日足、4時間足、1時間足のチャートで十分な取引シグナルを得ることができます。

どの3つの時間枠を選んだとしても、相対的な長期トレンドを判断するために最も高い時間枠を使用します。

他の2つのチャートは、中期と短期のトレンドを判断するために使用します。

日足に50期間EMA、4Hに20期間EMA、1Hに12期間EMAを追加します。

日足の指数移動平均線が上に傾いているとき、または価格がその上で終了しているときは、買いシグナルだけを考慮する必要があります。

逆に、EMAが下降している場合、または価格がEMAの下で終了している場合は、その逆です。あなたは売りシグナルを出すことだけを考えるべきです。

さて、中期的な方向性のバイアスが決まったら、次のステップに進みます。

中期的な価格トレンドが、長期的な価格トレンドと一致しているか、整合しているかを判断すること。

例えば、価格は日足でEMA(50)の上にあり、4HチャートではEMA(20)を下回っている場合はまだ両者のトレンドが一致していません。

これは、4Hチャートの中期トレンドが変化するか、日足の長期トレンドが変化するか、どちらかのシグナルが混在している状態です。

この2つの時間軸が揃ったら、ステップ2に進みます。

この指数移動平均法では、次のステップとして、1H時間軸の短期トレンドが長期・中期トレンドと一致したときに、エントリーシグナルを探します。

後ほど紹介しますが、これらの条件を簡単にまとめておきましょう。

(a)指数移動平均の取引ルール

以下のように、すべての期間において、買いのシグナルが出ているときにロングでのエントリーを検討します。

  • 価格は毎日の時間枠でEMA(50)を超えて終了したとき。
  • そして、価格が4Hの時間枠でEMA(20)を超えて終了したとき。
  • そして、価格が1Hの時間枠でEMA(12)を超えて終了したとき。

逆に以下のように、すべての期間において、売りのシグナルが出ているときにショートでのエントリーを検討します。

  • 価格は毎日の時間枠でEMA(50)を下回って終了します。
  • そして、価格が4Hの時間枠でEMA(20)を下回ったとき。
  • そして、価格が1Hの時間枠でEMA(12)を下回ったとき。

(b)エントリーシグナル

売買を実行するには、2つのシグナルを探すことができます。

1つ目は、サポートエリアやレジスタンスエリアを単純にブレイクした場合です。

例えば、価格がサポートをブレイクし、それを追って下降するトレードが行われています。

このような場合、指数移動平均法では、中長期的なトレンドが再開されると予測します。

買いシグナルは、価格が抵抗帯を突破したときで、上位の時間帯から強気トレンドの再開を予想する戦略です。

また、EMAがサポートやレジスタンスとして機能する場合も売買のシグナルになり得ます。

EMAと価格が3つの時間枠で一致している限り、価格はEMAから跳ね返され、現在のトレンドを再開する可能性があります。

(c)イグジットシグナル

勝ちトレードの場合、オープントレードを終了するには、買いの場合は最近のレジスタンスエリア、売りの場合はサポートエリアをターゲットにします。

3つの時間枠の過去の値動きを見て、最近のスイングの高値または安値を確認します。

また、最近の高値や安値にストップロスを置き、取引を進行させることも可能です。

トレーリングストップ・ロスは、勢いが弱まったときや反対方向にシフトしたときに取引を終了させるトリガーとなります。

万が一、売買がうまくいかなかった場合は、売買の条件が成立しなくなったと判断した時点で、取引を終了する必要があります。

例えば、ストップロスを最近のスイングハイまたはローに置くことができます。

(d)資金管理

これはあなた次第ですが、一つの取引に対して、最大でも口座残高の数パーセントをリスクにさらすことは賢明な判断です。

このシステムの取引に慣れるには、ある程度の練習と時間が必要です。したがって、すべての取引方法には負け取引があることを忘れないでください

(e)指数移動平均の取引戦略のリスク

したがって、この指数移動平均法を使用する場合、いくつかのリスクがあります。

価格が平均化され、多くの詳細が平滑化されるため、誤ったシグナルが含まれる可能性があります。

また、移動平均は遅行指標であり、指標が計算される前に価格が動く必要があることを意味します。

移動平均は将来の値動きを予測することはできませんが、予測し、現在のトレンドを確認することだけはできます。

また、移動平均線は、相場がトレンドの局面では有効ですが、レンジ相場になると失敗することが多々あります。

移動平均線によって生成されたエントリーシグナルとイグジットシグナルが遅れて発生し、移動平均線の周囲で刻まれることがあり、その結果、利益が減少し、損失が発生することもあります。

より良い情報に基づいた取引判断を行うために、分析ツールを適用することが最善です。

まとめ

指数移動平均は、多くのトレーダーに利用されています。これは、価格の動きを追跡し、市場の価格の勢いを評価するものです。

EMAは過去の価格に基づく遅行指標ですが、乗数を用いてより最近の価格データを重視し、価格変動への感度を高めようとするものです。

ストラテジーがどのように機能するか、またそれを使うことの限界とリスクを学ぶには、ある程度の練習と観察が必要です。

デモ口座で取引の練習をし、それを自分のものにするために適応させることができます。

MT4またはMT5取引プラットフォームをダウンロードし、最大$50,000の仮想資金でリスクなく練習することができます。

信頼できるブローカーにデモ口座またはライブ口座を今すぐ登録してください。

CFDは複雑な商品です。そのため、CFDの仕組みを理解しているか、資金を失うリスクを負う余裕があるかどうかを検討する必要があります。

失う覚悟以上の金額を入金しないでください。

ピックアップ記事

  1. 【初心者も1分でわかる】MT4インジケーターの追加方法を徹底解説!

関連記事

  1. MT5

    MT5インジケーター「MACD」の使用方法まとめ【2022年最新版】

    この記事では、MACD(Moving Average Converge…

  2. MT5

    MT5の設定方法・使用方法に関する徹底ガイド【2022年最新版】

    この記事では無料のメタトレーダー5プラットフォームについて、あなたがす…

  3. MT5

    矢印を表示するMT5インジケーター「アローズⅡ」の取扱説明書【2022年最新版】

    MT5用インジケーターArrows IIは、ヒストリカル情報を集約した…

  4. MT5

    MT5インジケーターのインストール(追加)方法と削除方法を紹介!【2022年最新版】

    MT5の新しいインジケーターをインストールすることで、分析の幅が広がり…

  5. FX自動売買

    自動売買のメリットって何?MT5への導入方法を細かく調査してみた!

    MT5で自動売買を利用する方法についてお調べですね。MT5とは、M…

LINE@で無料動画配信中!

最近の記事

  1. 海外FX口座

    XMのレバレッジルールを知っておこう!【レバレッジ最大888倍】
  2. 海外FX口座

    Tradevieは実際どう?トレーダーの口コミから評判を徹底調査してみた!
  3. FX自動売買

    【初心者必見】FXで自動売買を自作する方法を基礎から応用まで徹底解説
  4. MT5

    【MT5】煩わらしい設定の手間を解消!チャート設定を複製コピーし保存する方法
  5. FXノウハウ

    【主婦必見】FXで月に10万円稼ぐ方法+安全な始め方・FXの基本を徹底解説
PAGE TOP